沿革

1996年 7月1日 東京千代田区三番町に日本法人「株式会社ユニコ・ジャパン・インターナショナル」を設立
1996年 11月 日本市場向けに開発した「ウェスティンカフェ マイルドブレンド」を販売開始
1997年 9月 フレーバーコーヒー「ファームランド」5種を販売開始
1998年 7月 資本金40百万円に増資
1999年 3月 東京都千代田区九段北に本社ビル(ユニコビル)を購入
1999年 11月 上記住所ユニコビルに本社を移転
2005年 2月 新規事業部を立ち上げ新規事業企画、調査開始
2006年 3月 新規事業一号としてシェフマル(カタログ通信販売)事業を開始
2006年 9月 フレーバーコーヒー「ファームランド」をリニューアルし販売開始
2014年 2月 tcc開発事業部を立ち上げ、第一号店の店舗開発準備に入る
2015年 2月 シンガポールの著名カフェ&レストラン、tccの事業コンセプトを日本向けにアレンジし、東京都中央区銀座で「 tcc Singaporean Café & Diner 」「 tcc Steak & Seafood 」をオープン
2016年 3月 シェフマル事業部が営業開始より10周年を迎える 登録顧客外食店数が22,000件を越える
2016年 7月 F&B事業部 営業開始から20周年を迎える